名古屋市中川区にある「あたたかい」を大事にする治療院

鍼(はり)について

 

 

そもそも鍼って効果あるの?という方もいますので簡単に説明させていただきます

 

鍼を人体に刺すことの刺激により自然治癒力を高めます

 

血流の流れ、気の流れ等を含めた身体全体の調整をすることもできます。

 

極めれば難病に対してもアプローチ出来たりもするほど奥深いものになります。

 

挙げたらきりがないほどですが、疲れがたまり過ぎたり、コリが頑固すぎて・・・・

 

そんな時にまずは試してみようかなと思っていただいて間違いないと思います

 

鍼の打ち方は様々ですが、基本は

 

抜いて刺してを繰り返ししていく単刺(たんし)

 

鍼を刺してしばらく置いておく置鍼(ちしん)

 

鍼を皮膚の表面までしか当てない刺さない鍼の接触鍼(せっしょくしん)
(接触鍼は他の道具ですることもあります)

 

を中心に行っていきます

 

あと場合によっては鍼のシールのパイオネックスも使っていきます。詳しくは下記をご覧ください

 

鍼って痛いと思うんですが・・・

 

鍼が痛いというイメージを持つ方がいると思います

 

特に初めての方がその傾向が強いようですが、無理な刺し方をしなければ基本痛くないものです

 

尚、鍼が毛穴に入ったり、コリが強すぎてハリがつよい場合は痛くなる場合がありますのでそこはご理解の程をお願いします

 

 

鍼の太さですが注射器のイメージが先行して太いと思う方がいらっしゃいますが

 

実際は髪の毛程度の細さですので目を凝らさないと見にくい程です

 

鍼を刺す深さもいっても1cm前後程度になりますのでご安心ください

 

 

尚、鍼ですが、使い捨て鍼のディスポーサブル鍼という鍼を使用していますので

 

衛生面は安心です(*^-^*)

 

当院に限らず鍼っていいもんだなと思ってくださる人が一人でも多くなっていただけたらなと考えてます

 

パイオネックスってなんですか?

 

 

パイオネックスとは、簡単に言ってしまえば鍼のシールと思っていただいて間違いないです

 

ピップエレキバンという商品が昔流行ってましたがその磁石のところが1o前後の鍼になったものを

 

想像していただくとイメージがわくと思います

 

 

実際貼ってみるとこんな感じになります。色的にそこまで目立たないのかなと思います

 

鍼の長さが1o前後(ものによって前後します)になりますので当たりが悪くない限りは基本は痛くないです

 

こっている場所、動かして痛くなる場所、疲れている場所等の気になる所に貼っておくだけでも

 

効果が期待できます。

 

4日前後は貼っておいても大丈夫ですが、貼ったところをこすったりすると当然はがれやすくなるのでご注意ください

 

万が一貼っていてかゆかったり違和感等ありましたら外していただいて結構です

 

 

 

因みにどうしても鍼がやだっていう人にはパイオネックスゼロという

 

いわゆる刺さない鍼のシールもあります。これは皮膚に接触してるだけの状態ですので安心です

 

しかもこのパイオネックスゼロは普通の人も使っていいものになります
※通常のパイオネックスは医師か鍼師しか使用許可がありません

 

 

 

院内でお持ち帰りができるパイオネックスゼロ、マイケアパッチを販売予定(1箱20個入1080円税込)しておりますのでお気軽に言ってくださいね(*^-^*)

 

 

 

 


トップページ 初めての方へ 施術内容&料金表 スタッフ紹介 ブログ アクセス リンク